Loading...

不登校・登校しぶり

Q & A
Home / ホーム  / 不登校・登校しぶり
【不登校・登校しぶりとは?】

文科省によれば、病気や経済的理由によるやむを得ない理由をのぞいて、学校に行けないことが年間30日以上ある児童のことを不登校児童(生徒)と呼びます。ただし、この30日という区切りは行政的な分類であって、欠席が3日でも不登校は不登校です。身体的・物理的な理由なく数日連続して欠席する、あるいは断続的に欠席を繰り返す場合には何らかの対応が必要です。

最近では幼稚園や保育園に行くのを渋ったり、あるいは連続して欠席したりしているという相談も多くなっています。園に行くのは義務教育ではありませんが、多くの場合、放置しておくと就学後の不登校につながるので早い段階での介入をオススメします。一般的に年齢が低いほど介入が容易で改善も早くなります。

【不登校のきっかけと支援】

不登校はひきこもりと同じで、学校に行けなくなった児童の総称であって、そのきっかけは児童によって異なります。これまでに受けた相談では、次のような問題やきっかけがありました。

  • 友人関係が希薄
  • 学習の遅れ
  • 担任への恐怖
  • いじめ
  • ゲーム・インターネット依存
  • SNS依存
  • 両親の不仲
  • 過保護
  • ネグレクト
  • 場面緘黙症
  • 社交不安障害
  • 強迫性障害
  • 摂食障害
  • 発達障害

不登校のきっかけと不登校を維持している要因は異なっていることが多々あります(例えば、怖い担任に叱責された後不登校になったが、学年が上がり担任が代わっても登校できない)。解決のためには、個別の視点が必要なので、実際のご相談内容に応じて様々な対応が考えられます。共通して必要な情報として、不登校児童・生徒の学力、友人関係(社会的スキル)、いじめの有無、家庭での過ごし方、そして学校の対応や協力の有無などです。

一方で、「見守りましょう」「本人が行く気になるまで待ちましょう」「お子さんの意思を尊重してあげましょう」といった対応はオススメしません。「今は通信制の高校もたくさんある。多様性の時代だから本人の好きにさせましょう」などと言い、再登校を目標にしない専門家もいるようです。通信制の高校を否定するわけではありませんが、高校入学の段階で「どこでも行けるけれど通信制を選択する」のと「どこにも行けず消去法で通信制を選択する」のでは、状況が全く異なります。

【カウンセリングの対象】

小学生までのお子さんが不登校になっている場合、原則としてご相談は保護者(主に母親)と行います。中学生の場合でも、ケースバイケースですが、保護者中心で進めることがあります。

詳細についてはメールにてお問い合わせください。

【過去の相談事例の口コミ】

小3女子(母親:不登校)

小3女子の不登校でお世話になりました。学校、病院、相談機関、本、不登校支援、ネットなど相談してまわりましたが、公的機関では解決策を見つけられず、不登校支援は場所も遠くお金もかかると悩んでる時に、レオンカウンセリングの仁藤先生にたどり着きました。前体験者の方が1週間で登校できたとの話をネットで見て半信半疑でしたが、今年の新学期からだったのも手伝ったのか、カウンセリングに通い始めて数日後より今日まで登校するようになりました。また本人も生き生きとしてきて本当に早めにここに出会えてよかったと思います。
今回の経験から、自分の対応を変える事で、ガラッと子供が変わる事の怖さ、大切さを知りました。費用はかかりますが解決策の1つとして、子供の不登校や育てにくさを抱えている方におすすめです!

中学生男子(登校しぶり)

中学生の息子の腹痛で相談しました。病院で整腸剤を処方してもらい服用していましたが改善されず、仁藤先生にお願いしました。「お腹が痛くなったらどうしよう…」という思いが頭から離れず、外出や学校へ行くことを嫌がりました。カウンセリングでは、毎日の取り組みを提案していただき、息子のペースで取り組んでいきました。厳しい取り組みではありますが、続けていくうちに腹痛は減り、今では腹痛があっても気にならないと言えるまでになりました。息子は笑顔が増え、毎日学校へ通っています。ありがとうございます。

高校生男子の母親(不登校)

高校生の息子の相談に伺いました。
不登校の期間も長く、精神的にも不安定で病院に通っていましたが、あまりかわらず、親子関係もとても悪くなってしまいました。
仁藤先生には、子供の状況に応じて対応の仕方を細かく教えて頂きました。最初はとても大変で、何度も心が折れかけましたが、その都度立て直していただきました。今は学校も休まず通えるようになりました。文句や批判ばかりだった会話も、とてもポジティブなものになり、笑顔が増えました。
仁藤先生には本当に感謝しています。ありがとうございます。

小学5年生男子(場面緘黙・登校しぶり)

小学2年生から情緒不安があり登校しぶりがありました。4箇所の医療機関に相談しました。5年生の終りに担任の先生からお子さんの声を聞いたことがないと言われました。親として心配になりネットで検索をしREONの仁藤先生に相談しました。そしたら場面緘黙と知りました。家庭での生活でもお店に行ったら親が注文してました。それで親が注文するのは良くないとアドバイスをしていただき今まで出来なかったことにチャレンジして出来たらポイントをあげるポイント制をスタートしました。ポイントが貯まったら本人が望んでいる物・旅行などと交換出来るので楽しく出来ました。1年間続けてみてみるみるうちに出来ることが増えて変化が出ました。6年生の終りには担任の先生から変わったねと言っていただけるまでになり本人に自信が付き登校しぶりもなくなり今は中学生です。子供の変化で家族の絆もでき毎日楽しく過ごせるのが嬉しいです。ポイント制がなくても今では自分でチャレンジ出来る様になりました。今になってもっと早く仁藤先生に相談していたら本人も楽だったと思います。仁藤先生ありがとうございます。

小2女子(母親:不登校)

今回小2女子の不登校で相談させていただきました。他の相談施設での相談やネット検索でも具体的な返答が得られず困っていたところ、こちらのカウンセリングを見つけました。現在の状況を確認し、状況に応じた具体的な行動を提案していただき実行していきました。すると子どもの様子が徐々に変化していき登校できるようになりました!子どもの相談でしたが、『親の私自身の行動変化により子どもの行動が変わる』ということがわかり自分自身にも良い学びの機会となりました。先生も優しくとても相談しやすいです。『良い方向への変化を求めているが具体的な方法がわからない!』という方にはぜひオススメです☆

ご予約・お問い合わせ