Loading...

利用者の感想(口コミ)

Home / 相談をご検討中の方へ  / 利用者の感想(口コミ)

これまでに相談室を利用された方から投稿していただいたGoogleやYahoo!の口コミの文章をそのまま転載しています。REONカウンセリングを利用された方の投稿のみ転載しています。

「思ったこと書いてもらって構いません」とお伝えしていますので、中には「費用はかかります」とありますが(一回の料金は精神科を受診するよりもかかりますが)、長期間医療機関などに通うよりもよほどコスト(費用や時間)はかからないと思いますがどうなのでしょう。


小学生の場面緘黙の子どものことで相談しました。以前は他の機関で相談していたのですが、「様子を見ましょう」と、何も変わらないまま何年か経ってしまい、こちらで相談しました。
仁藤先生は、具体的に子どもとどう接したらいいのか教えて下さり、学校の先生にどう対応してもらったらいいのかアドバイスを下さり、子どもは、前よりも友達と話したり遊んだりできるようになり、楽しく学校に行っています。とても感謝しています。もっと早く相談すればよかったなと思っています。(Googleの口コミ)
今回小2女子の不登校で相談させていただきました。他の相談施設での相談やネット検索でも具体的な返答が得られず困っていたところ、こちらのカウンセリングを見つけました。現在の状況を確認し、状況に応じた具体的な行動を提案していただき実行していきました。すると子どもの様子が徐々に変化していき登校できるようになりました!子どもの相談でしたが、『親の私自身の行動変化により子どもの行動が変わる』ということがわかり自分自身にも良い学びの機会となりました。先生も優しくとても相談しやすいです。『良い方向への変化を求めているが具体的な方法がわからない!』という方にはぜひオススメです☆(Googleの口コミ)
小学生の場面緘黙の子どものことで相談しました。以前は他の機関で相談していたのですが、「様子を見ましょう」と、何も変わらないまま何年か経ってしまい、こちらで相談しました。
仁藤先生は、具体的に子どもとどう接したらいいのか教えて下さり、学校の先生にどう対応してもらったらいいのかアドバイスを下さり、子どもは、前よりも友達と話したり遊んだりできるようになり、楽しく学校に行っています。とても感謝しています。もっと早く相談すればよかったなと思っています。(Googleの口コミ)
軽度ですが統合失調症の症状があると精神科で診断され、一時的な引きこもり状態でした。
カウンセリングを受ける前、統合失調症は対応していないのではないかと思いましたが、今起きている症状を分かりやすく分析し、相応しい目標や具体的な課題を提示して下さり、私の症状でも克服に向けた手立てがあるんだと、前向きな気持ちで通うことができました。
また、取り組みや実践的な訓練において、使えるツールや、協力できることを活用した支援が目新しく印象的でした。
私の場合、少しでも状況を良くしたいという思いもあり、受けてから半年でアルバイトができるまでになりました。
今後も失敗や上手くいかないことにぶつかりながらも、経験やできることを増やしていきたいと思いました。(Googleの口コミ)
数ヵ月前まで病院や薬頼りの毎日でしたが、自分の性格と向き合おうと思い、カウンセリングを受けました。一人で漠然とした不安や抱えている問題を解決しようと本やネットの意見に彷徨うより、相談して今の自分に合ったアドバイスをしてくれたことが私にとって救いになりました。目の前の課題が見えたので、あとは私自身変わる努力をしたいです。(Googleの口コミ)
小3女子の不登校でお世話になりました。学校、病院、相談機関、本、不登校支援、ネットなど相談してまわりましたが、公的機関では解決策を見つけられず、不登校支援は場所も遠くお金もかかると悩んでる時に、レオンカウンセリングの仁藤先生にたどり着きました。前体験者の方が1週間で登校できたとの話をネットで見て半信半疑でしたが、今年の新学期からだったのも手伝ったのか、カウンセリングに通い始めて数日後より今日まで登校するようになりました。また本人も生き生きとしてきて本当に早めにここに出会えてよかったと思います。
今回の経験から、自分の対応を変える事で、ガラッと子供が変わる事の怖さ、大切さを知りました。費用はかかりますが解決策の1つとして、子供の不登校や育てにくさを抱えている方におすすめです!(Googleの口コミ)
事情があって他のカウンセラーから移りました。応用行動分析のカウンセリングを受けてみたいと思ってREONカウンセリングに連絡しました。仁藤先生は専門行動療法士の資格も持っていらっしゃいます。 応用行動分析については、本を読む等して、私には少しの知識がありました。よって、「カウンセラーに辛い気持ちをただ受け止めてほしい」とか、「心理分析をしてもらって当たってるかどうか知りたい(解決に向けて前を向くことより、悩んでいる課題をただ振り返ることに重きをおきたい)」等は求めていませんでした。 オフィスのドアをノックする時は、いつも気が引き締まります。 カウンセラーが怖いとか無理難題の理想を提案されるから構えてしまうという理由ではありません。 自分の人生をできる限り自分で支えられるようになりたいと思うからです。 主役は凄腕敏腕カウンセラーではありません。仁藤先生もそのつもりでクライアントの方と誠実に向き合っていらっしゃると思います。 そう思うようになったのもREONカウンセリングに通い始めてからでした。 今までは、『薬を飲むことが当たり前』、『悩んだら自分で考えるよりも専門家に相談しよう(=私の場合、判断や責任を専門家に委ねてしまうという意味合いが濃くなっていた)』、と自然にそう思うようになっていました。 でも、『服薬やカウンセリングにも頼らず、自分のことを自分で対処できるようになれるかもしれないんだ。』と思うようになりました。 私自身、薬が悪いと思っていません。薬や医者に助けられていることもあります。 仁藤先生もクライアントの方が病院にかかることや薬を飲むことを否定しているわけではないそうです。 私としては、ただ、人生の可能性や選択肢が広がった感じです。 REONカウンセリングから卒業したとして、なんでも上手く対処できるようになれるとは思っていません。むしろ、失敗したりつまずいたりした時にどう自分で今までとは違った対処ができるかが大切だと思っています。 私がREONカウンセリングに通って、変わったことです。 カウンセラーがクライアントの課題を解決してくれるオフィスではありません。REONカウンセリングは、カウンセラーの技術支援を受けながらクライアントの方が自らご自身の課題に取り組んでいく場所だと思っています。(Yahoo!ロコ
夫婦関係について悩んで相談しました。最初は話すのに抵抗があったけれど、一通り聞かれた後にこれまでの相談機関(3つくらい回ったけれど)とは異なる意見で、何よりも解決までの提案が具体的であった。最初に提案された内容は衝撃的だったけれど。でも説明されてみればその通りだよなと納得。男としてプライドもあるし夫婦関係について話すのは抵抗あったるけれど、あのまま続いていたら離婚だったと考えれば本当に助かりました。自分の場合、自分の問題が明確になってしまったので一瞬落ち込むこともあったけど、カウンセラーの先生は責める言い方でもなく建設的な雰囲気でしたので感謝です。責められるようなことは全然ないけどそういった問題に向き合う覚悟がないと続かないかもしれません。(Yahoo!ロコ
パニック障害と息苦しさで何年も悩んでたところ、医療機関にこちらを紹介されて通いました。他のカウンセリングのところでは言われなかったようなやり方で最初はちょっとびっくりしましたが、通って半年くらいでかなりよくなり、車の運転、買い物や子供の行事の参加などできることが増えました。そして薬の量が減って、薬に頼らないでも生活できるようになってきたことが本当に本当に嬉しいです。
厳しいながらも親切にみていただいてありがとうございました。(Googleの口コミ)
不登校の息子の相談で行きました。 知り合いの紹介で甘くないよと聞いてましたが本当にその通りで、でも私たち家族にとってはとてもよかったって思います。相談してると親の対応についてぴったり当てるから見透かされているようで辛い内容もありましたが、何よりも子供が2ヶ月しないうちに登校し始めたのには驚きました。「登校しました」って報告したら一緒に喜んでくれました^o^ 口コミを書いてくれるなら「厳しい」って書いてくださいって言われましたが内容はともかく、人柄はとても温厚で安心できますよ。毎回話し合った内容をまとめて渡してくれるのもわかりやすかったです。おすすめのカウンセラーさんです(Yahoo!ロコ)。
最初他のカウンセリングに通っていたけれど、そこではあるがままとかただ受け入れるという一点張りで治らず、一向に光が見えませんでした。仁藤先生は治すための具体的な提案をしてくださってその練習ができて、自分の課題がわかり一緒に考えてくれてよかったですし、一気に高い階段を駆け上がるとかではなくて段階を踏んでやって行くことが大切だと教えてもらえました。少しずつ出来るところからやって行くことで変化がみられて社会に出てもやれるようになってきたのでとってもありがたかったです。厳しいと聞いていたけれど、ただ厳しいだけではなくて一緒に寄り添ってくれるから課題もクリアしていけました(Googleの口コミ)。
パニック障害とあがり症で相談に通ってますが頭で理解させてもらう部分と実践による取り組みをアドバイスいただけるお陰で克服に向けて着実に前に進んでいることを感じることができています。相談するまではただの不安やトラウマでしかなかったことが暗闇から抜け出せる出口があるのではないかと思えるようになりました。何かしらのヒントは必ずアドバイスいただける場所だと実感しています(Googleの口コミ)。
私は適応障害という病気になり、仕事、家庭
子育てが上手くできなくなりました。カウンセリングの中で、具体的に取り組む内容を定め、家族とともに実践してきました。その結果、6か月の休職を経てこの3月に職場復帰を果たしました。一人で悩まず相談できたこと、焦らずゆっくり考え行動できたことが良かったと思います。ありがとうございます(Googleの口コミ)。